それこそお見合い

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、避けたいところです。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。

相手が全然知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように十分証拠となる写真を撮ることができます。

GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、行動を常時監視し続け、現在いる場所を把握したり、記録したデータを後から取り出して分析することもできます。

あまり、車を運転しない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

これで、相手がどこに立ち寄ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で行う場合が多いです。

再度、調査の方法や人数などを決定します。GPS装置を用い、行きつけの場所の情報を探して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、パートナーが現れるはずですから、その実態を把握することは可能です。

懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、ひとつの方法ではあります。

その機械を付けている事が発覚することがあります。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。

その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。

探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれで終わりとは言えません。

浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。

その時、どれだけ依頼者のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。